【アート価値観セッションご感想】

2020年8月からセッションを受けてくださっているお客様。
まもなく1年になり、9月から新しい内容でスタートすることになりました。
1年の自分へ向き合う心について、そしてアートに対する興味や見方の変化をお伺いしました。

 

1.昨年初めてセッションを受けていただいてから今、ご自身の心に変化はありましたでしょうか?
はい

2.変化についてお聞かせください
自分と向き合う時間が増えたことにより、自分の価値観がはっきりしてきました。

3.その変化はどうしてもたらせたと思われますか?
何枚も色々な絵を観ているなかで、自分が好きなところ、最初に目に入るところ、思考からくる興味、感覚で好きだと感じることがはっきりしてきたからです。

4.セッションを継続して受けたことでのご自身の価値観についてはどのように感じられますか?
一年前に比べて、自分が好きだという感覚はあったが、それがどうして好きなのかを言語化してこなかったので自分でも曖昧だったものが、何度もセッションを受けるうちに明確になり、自分の人生で譲れないものがはっきりしたのは良かったと思いました。

5.アートに対する知識・向き合い方など変化はありましたか?
はい

6.変化についてお聞かせください
まずは絵を観て何かを感じること、ひとつひとつの絵にゆっくり向き合うことができるようになりました。今まで多くの美術館を訪れましたが、好きな絵だけをじっくり眺めることがほとんどで、絵との対話をしたことはありませんでした。
そこから自分が何を観ているのか(観たいのか)、画家は何を思い描いたのか、その当時の人はどう感じたのか、など以前に比べてひとつの絵に思いを巡らすことが出きるようになり、より絵との距離感が縮まり、自分の思考のクセに気付いたり、日常起こった出来事に感情を引きずって見始め、その時々の感情で絵に対する感じ方がかわるけれど、絵を見続ける(対話を続ける)ことで、最初の印象からかわり、日常を忘れて絵の世界に集中できる時間が楽しく心地よいものとなりました。

7.全体を通して感想や意見をお聞かせください
絵との対話はひとりでもできますが、ひとりだと片寄りがちになりますが、セッションを受けることで自分が思い付かないことや気付きを得ることができるのが良いと思います。
また絵との対話だけでなく、画家について、当時の様子などの話を聞けるのも楽しいです。
そして、苦手なジャンル、興味はあるけれど難しそうだと思う時代の絵についてもセッションは、リクエストかできるのはありがたいです。
月に一度、素敵な絵との対話は、まだまだ知らない絵を観る楽しさ、対話をするという自分と向き合う時間、初めて聞くエピソードで気付きと刺激を受け、月に一度の大事な時間になっています。
柘植さんの優しくて真面目で物事に対して丁寧なお人柄だかこそ、一年続けてこれました。
本当ありがとうございます!!

8.このセッションを人にオススメしたいと思われますか?もしそうならどんな方にオススメできますか?
美しいものに触れて心豊かになりたいひと。そして、それだけでも十分ですが、忙しくしている日常から離れて、自分と向き合う時間がほしいひと。これからについてゆっくり考え始めているひと、今まで頑張ってきて中休みしたい人、アートに興味はあるけれど鑑賞の仕方がよく分からない人にもオススメします。

(S.S.様)

先日のセッション終了後、初めて受けてくださったのが去年の8月なんですよとお伝えしました。
お申し込みされるときに悩んでおられたのは、自分の天職は何なのだろうか・・・というお仕事についてのことでした。
セッションでは絵を楽しく鑑賞しながら、どんなことを感じたのか?なぜそこにすぐ目が向いたのか?好きな絵・心惹かれない絵は何が違うのか?などを言葉にして丁寧に見つめ続けました。
それは、自分にとって大切なことに意識をむける時間だったのです。

途中昔の友人にご連絡を取られたり、断捨離をされたり。
そして転職もされました。
自分にとって心地よい方向に持っていこう!と動いておられることが毎月伝わってきていました。

今はさらに次のステップのための準備にかかられたそうです。
9月からは、S.S様があまり見てこなかったジャンルの絵を見ながら、目標に向かう自分の心を確認するための毎月のセッションがスタートします。

 

 

関連記事

  1. アートで知る自分の価値観・グループレッスンの受講者さま

  2. アートで価値観セッション受講者さま

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。