オンライン鑑賞会 ー物語のある美術館ー

10月の鑑賞会はまもなくご案内します!

 

美を追い求めた、魅力のある物語のある日本の美術館をご紹介する講座です。

9月は、東京上野にある国立西洋美術館です。
詳細とお申込み 2021年9月 国立西洋美術館(東京)をごらんください。

 

日本には個性豊かな美術館がたくさんあります。
その中からおすすめの美術館を選び、美術館の成り立ち、美術館建築、収蔵作品をご紹介する、1つの美術館を満喫する1時間です。

まだ自由に気持ち晴れやかにお出かけがしにくい世の中。
本当は美術館に行きたいけれど、旅行がしたいけど、もうしばらくは我慢。
でもアートに触れたい。

そんな方にぜひ参加していただきたいオンライン鑑賞会です♪

 

アートエデュケーターのYokoが、心を動かされた美術館のエピソードや作品をご紹介。
作品の背景、アーティストの人物像、美術館や作品を愉しむポイントなどもはさみながら案内していきます。
途中にミニ対話型鑑賞の時間も入れています。

 

おすすめの美術館を選ぶ基準は、この2つ。

1. 美術館の誕生やその歴史の中に、熱い想いを感じられること。
2. ポリシーのある常設のコレクションがあり、この作品がこの美術館にある意味が伝わってくること。

ガイド役の私の基準ですが、ぜひたくさんの人に美術館のことを知って、訪れてもらいたい!!と強く思うところを選んでいます。

 

しっかりとしたヴィジョンや質の高いコレクションを保ち続けている美術館には、良いエネルギーが充満しているように感じます。
それは人間と同じだなと思うのです。

日本の美術館運営はとても厳しく、学芸員さんが本来の専門的なお仕事以外も従事されていたり、修復部門がないなど、アメリカやヨーロッパの美術館とはかなり格差があるようです。
海外の美術館から集められる特別展だけが繁盛するのではなく、美術館自体に興味をもってもらえるようなそんなきっかけとなればというのがこの鑑賞会の目的でもあります。

 

2021年9月からのラインナップは下記のとおりです。
国立西洋美術館、アーティゾン美術館は2020年も開催しました。

 

お申し込みは前月におこないます。
メルマガ(Cosiness and Adventureアート通信)で先行してご案内しておりますので、ご興味ある方はご登録をお願いします。

メルマガ登録

 

2021年9月 国立西洋美術館(東京)
2021年10月 ひろしま美術館(広島)
2021年11月 アーティゾン美術館(東京)
2021年12月 大原美術館(岡山)
2022年1月 大山崎山荘美術館(大阪)

 

2021年9月 国立西洋美術館(東京)

9月は、東京上野にある国立西洋美術館です。(美術館は現在2022年春(予定)まで休館)
国立西洋美術館は、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展、ハプスブルグ展、ルーベンス展など、大規模な展覧会を開催している美術館というイメージも強いのではないでしょうか?

しかし常設展示の方では、中世の絵画から現代アートまで。
また彫刻、版画、中世の祈祷書のコレクションなど、西洋美術の歴史をたどっていけるような作品が所蔵されています。
もちろん、ヨーロッパやアメリカの大美術館とは比べ物にはなりませんが、私たちにとっては身近で質の高い作品に触れることができる、とても貴重な存在です。

 

鑑賞会の内容

・国立西洋美術館は誕生の物語
・誕生のエピソードにも関わる美術館の建物について

そこには、熱い想いをもった男性と、運命を狂わされた作品たちの物語があります。
日本の戦後の歴史にも大きく関わっています。

美術館所蔵作品から絵画15枚ほどを鑑賞します。
そのうち2枚ほど対話鑑賞するお時間もあります。

 

国立西洋美術館の魅力をギュギュッと詰め込んだ1時間。ぜひお楽しみください!

↓こちらは2020年の開催時に参加してくださった方のご感想です。

「歴史的な背景を踏まえつつ、松方幸次郎の功績も理解できましたし、なぜコルビジェの建設なのかも合点がいきました。
作品も特徴的な作品をそれぞれ選んでくださっているので冗長にならずどれも興味がわくものでした。
美術館でよく音声ガイダンスを借りるのですけど、情報が一方的で中々頭にはいってこないしというか・・・なんかわすれちゃうんですよね(笑)
なのでまた別の美術館や美術展でもやっていただきたいです!」

 

日程 2021年9月5日(日)14時〜15時  終了しました
2021年9月12日(日)20時〜21時 終了しました
会場 オンライン講座 zoomを使用いたします
参加費用 3300円(税込)

 

▼鑑賞会のお申し込みはこちらからお願いいたします。

オンライン鑑賞会に参加する

 

 

↓ 今後の予定です


2021年10月 ひろしま美術館(広島)

先月初めて訪問した美術館です。
ずっと気になっていました。その理由は、色々なところでよい美術館だ!と言われるのを聞いていたからです。
でも人が言っていてもやはり自分の目で確かめる。これが私の基本です。
ひろしま美術館は噂通りの素敵な美術館でした。

印象派からピカソまでを中心とした質の高いコレクションが魅力です。
76年前のあの悲劇の日の苦しみから、一枚の名画が少しでも癒やしになればと美術館が誕生しました。
今平和に暮らせる幸せを心にもちながら、作品をご一緒に鑑賞したいなと思っています。

2021年11月 アーティゾン美術館(東京)

11月はブリジストン美術館からリニューアルされたアーティゾン美術館です。
京橋という東京駅の徒歩圏内、新しいモダンなビルの中にある美術館です。
リニューアルされて展示スペースもかなり広がったのだとか。

印象派を中心とした充実したコレクションが見どころの美術館です。
西洋絵画も日本の作品も、あれ?これどこかで見たことある!といった名作が揃っているところがすごいです。
美術館創設者の想いや、作品収集に関する胸が熱くなるエピソードもお楽しみください。

2021年12月 大原美術館(岡山)

こちらは今年2回目の訪問をしました。
大原美術館も名品揃いの美術館として大変有名ですよね。
今回はガイドツアーに参加して、美術館の成り立ちや、作品を購入したときのエピソードを聞きながら、思わずぐっときて涙が出そうになった時がありました。
どんな昔の話でも、たとえ会ったことがない人の話でも、そこに情熱があることには人は心を動かされるものですね。

コレクションは、エル・グレコの作品から現代アートまで揃っています。
そして今、2022年の完成を目指し、美術館創設時のコレクションを目利きした洋画家、児島虎次郎の作品と、こちらも彼が収集した古代エジプト・西アジア の古美術を集めた別館の準備が進められています。

2022年1月 大山崎山荘美術館(大阪)

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。