アートで知る自分の価値観・グループレッスンの受講者さま

Y.Sさま

職人じゃない!っていった画家さんも、私には職人の領域に見えました。
だけどあの画家さんは、職人でありアーティストであり、知識人であるとも感じた訳です!
誰かにあたなは職人ですね!と言う枠を張られるとそれだけの括りにされるのは居心地が悪いけど、自分で私はこんな事もあんな事もそんな事も出来るんだ!ってことをいつの時代の人も葛藤があったのだと思いました。
画家の背景、年代やその時代に大切にされていたものを知ると、その流れにどっぷり浸かった絵、流れに逆らって表現したかった絵が面白くなりますね

 

↓ここからは昨年受けてくださった方の声です(鑑賞した絵が違います)

あゆみさま

1枚の絵画をみんなで鑑賞していた時に、第一印象で感じ取ってしまうと細部まで目が行かず、他の方の気づきで私も初めて気づくということがありました。自分が気になった部分しか見ていないのだなと感じました。
ピカソの絵を鑑賞した時に多視点の話になり、自分の考えを子どもに押し付けていたな、職場の人間関係でもそれぞれの立場があって意見があるのに、そこを考えずに愚痴になっていたな、といろんな側面から見られていなかったことに気づきました。
誰かと絵画を鑑賞して話をする機会が今までなかったですが、お互いの気づきを話していると、自分の中での印象が変わりまた違う考えや見え方がありました。そして、それが楽しいと感じることができたので、話をすることが好きだなと思いました。
美術館に行ってもさ~っと見てしまうけれど、今回の講座で話したような視点から絵を鑑賞すると面白いと感じることができました。そして、絵の知識のあるようこさんが、解説してくださったので、さらに興味がでました。
「正解も不正解もない。」すごく印象に残っています。多方面から見ることの大切さを改めて感じました。話だけではなくて、絵を見て比べて“リアルって何?”ということを考えたり、ゴッホが生きている時は人気がなくて、亡くなってから人気が出て、時代の中で価値観が変わっているということを具体例で感じたり、絵画鑑賞を通して感じることができたのでイメージしやすかったです。

 

有名な作品ってみんなが好きなイメージがあるけど、あれだけ有名でも人の好みは分かれる。
そして少数派でもファンがいる。だから自分らしくいれば良いのだと強く思いました✨
絵の見方が変わりました!ぱっと見だけではわからない奥深さを実感でき良かったです♡

 

自分の周りにあって欲しい物や曲線の美しい物にとても惹かれる事。
ピカソの絵を見た時(ピカソのアートに対する概念知る前の状態)、とにかくその人物像や背景を必死に読み取り理解しようとしていた時に、ゆっくり時間をかけてというより、短時間でできる限り完璧に理解しようという感覚を感じました。
完璧主義なところがあるかも😅
アートを通して自分の大切にしたい物やその感情を汲み取る事で、実は自分の気持ちを掘り下げて行く事ができた事
一人で自分を掘り下げるって時になかなかの試練になりがちだけれど、楽しくリラックスしながら受けられた事

 

M.K.さま

物事を多面的にみたいという想いがいつもあるのですが、ピカソの絵とそのあと見せてもらったヨーロッパの綺麗な女性の絵を見たとき、多面的なピカソの絵はメッセージが強く感じて疲れたし、その後の絵はなんか楽な気持ちで見ることができました!
一部しか見ないって、楽ですね!だから、そういう見方に偏りがちなのかもな〜と思いました。
2多面的は疲れる、一部は楽、という感覚を得たこと

 

矢野さま

何等のトラブルについてあなたならどう考えますか?という問いだと、何が正解なのかを考えてしまったり、正しい答えを求めてしまうかもしれませんが、この絵を見て「何を感じるか」という問いなので、正解がないということを自然に受け入れられた上で、人それぞれに感性が異なり、またみていることや重要視していることが違うのだということを自然に気付くことができます。
そのため、役職についていて部下を束ねている方が受講されたら、広く意見を取り入れることができるようになったり、包容力がましたりするのではないかな、と思いました。

Kaoriさま

私自身、ツアーに組まれたりしているもの以外で美術館へいくことはなく、新婚旅行で行ったルーヴル美術館もモナリザの絵と外にあるピラミッドみたいなところに出たい!と出口を必死にさがしていたくらいで、楽しみ方をあまり知らない人でした。
グループで話をしていくうちに同じ1つの絵をみているのに、人の着目していることや受け取っている部分、感じ方は人それぞれに違っていることを体感できました。
それは日常の中に置き換えるとそれぞれ観ている視点が違うし感じ方が違うのは当たり前。
当たり前前提で違うからこそ、言葉で自分の想いや感じたことを伝えていくことも大切なんだなーと感じました。
今回はzoomでしたが、機会があればリアルに美術館に行って「アートで価値観」を体感したいなーと思います。

 

 

関連記事

  1. 【アート価値観セッションご感想】

  2. アートで価値観セッション受講者さま

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。